題名で驚いた方もいらっしゃると思います。

でもこれ、本当です。

 

ひざや腰の痛みなどの改善のため、電気を流してもらった

経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

電気療法は痛みをとったり、まひした手や足の動きを

改善することを目的に使われます。

過去の文献でも、“電気刺激療法”は行った方が良いと言われています。

 

しかし!!!

単に電気を流すだけでは効果は期待できません。。

 

なぜなら・・・

痛みを和らげるためなのか、筋肉を鍛えるためなのか

“目的”によって電気の種類・強さを変えなくては

ならないからです。

 

リハビリステーションうぃず駒込では

電気刺激装置を

NM-F1:伊藤超短波株式会社

IVES(アイビス):OG技研株式会社

の2台を導入しています。

NM-F1

 

IVES(アイビス)

 

ご利用者様のお体の様子、過去の文献を参考に

電気刺激の強さ、刺激時間など

最大限に効果を引き出すために根拠をもって

対応させていただきます。

 

また電気刺激療法を安全に

行えるかどうか

チェックリストにて

必ず確認させていただいております。

 

電気刺激療法をやってみたい!

電気刺激療法ってどんな感じにやるの?などなど

ご興味がございましたら

いつでもご相談を承っております!

 

少しでもリハビリ難民を救いたい。

責任をもって対応させていただきます。

https://komagome.with-reha.com/

 

フリーダイヤル

0120-181-878

(9:00~18:00 日曜定休)