技術力に自信があるからできることがあります。

効果にご満足いただけなかった場合は、最大8回分を全額返金いたします。(お一人様一回限り)

本当に叶えたいあなたの目標を集中的なリハビリで全力サポートします。
  • 仕事に復帰したい
  • もっと手や足が楽に動かせるようになりたい
  • もっと上手く歩けるようになりたい

私が担当します!
セラピストリーダー 市川貴章

資格

  • 認定理学療法士(脳卒中)、認定理学療法士(運動器)
  • ケアマネジャー
  • シーティングコンサルタント(車いすの専門家)

保険外リハビリ施設 リハビリステーションうぃずに入職したきっかけ

大きな病院の回復期リハビリテーション病棟に勤務していた頃、担当したある患者さんとの出会いがきっかけです。
入院当初、お一人では寝返りも歩くこともできない重症の方でした。入院5ヶ月が経過した頃には、ようやく寝返りを自力で行えるようになり、セラピストの介助があれば歩くこともできるようになりました。
しかし更なる回復の可能性があるにも関わらず、国の制度により入院日数に期限が設けられていたため、退院を余儀なくされてしまい、とても悔しい思いをしました。
悔しい思いを打ち明けたセラピストから、保険外リハビリの世界があると聞き、退院後でも日数制限にとらわれず、さらなる改善を目指して充実したリハビリを提供できる、保険外リハビリの可能性を感じたため入職しました。

ご相談・初回カウンセリング無料

まずは120分コースでうぃずのリハビリサービスをご体感ください。

電話:0120-181-878

メールでのお問い合わせはこちら

 

うぃずで大切にしている考え方

専門的な裏付け(エビデンス)に基づくリハビリ

目標達成を目指し、最善・最適な方法を提案

Hoynes ;2001 一部改変

個別のリハビリプログラム作成

  1. 課題を明らかにするための検査・評価
  2. 現状・進捗状況をグラフ化
  3. 個別のリハビリプログラム作成

本当に叶えたい目標を共有

  • 効果的にリハビリを行うために目標の共有が重要
  • 目標共有するために開発されたエードック
  • エードックを用いて目標を共有

あなただけの自主トレーニングを提案

必要なトレーニングを個別で提案
メール・チャットなどを利用した相談も可能

  • リハビリの効果を最大限引き出すため、自主トレーニングを指導
  • 専門的な裏付けをもとに、最も効果が期待できる最適な方法を提案

うぃずだけのサポート

ご自宅からの通所の不安を解消!
通所開始サポート

  • 最大3回利用可能
  • セラピストがご自宅まで訪問、通所に同行
  • 通所する手段の検討
  • 雨の日、夏の暑い日などの利用可能

駅までの送迎サポート実施!
田端・駒込駅

  • 駅から事業所まで徒歩が難しい場合は送迎により通所をサポートいたします。
  • 前もってご予約いただければ何回でもご利用可能です!

技術力に自信があるからできることがあります。

効果にご満足いただけなかった場合は、最大8回分を全額返金いたします。(お一人様一回限り)

後遺症のお悩みを教えてください。

ご安心ください!うぃず ならしっかりとしたリハビリで状況の改善が可能です!
年代、性別、軽度・重度、発症からの期間は問いません。

<一般的な後遺症例>

右片麻痺、左片麻痺、半身麻痺、両麻痺、拘縮、痙縮、痛み、しびれ、めまい、感覚障害
失語症、構音障害、注意障害、意識障害、失行、失認、高次脳機能障害

以下のようなお悩みにうぃずの理学療法士がマンツーマンでサポートします

歩きにくい・転びやすい

病気や障害の状況や関節・筋肉・バランスなど、問題がどこにあるかを確認。癖などもありますので、その方に合った動き方や筋力などにアプローチしていきます。

体力が落ちている

体力を向上するためには適度な運動が大切です。その方に合った、運動頻度や強度、行う運動の種類などを提案していきます。

床から立ち上がれない

床からの立ち上がりに必要なバランス・筋力・可動域など、病気や障害によって低下することがあります。立ち上がり動作練習はもちろんのこと、床上で必要な動作についてもアプローチをしていきます。

痛みやしびれがあって困る

痛みやしびれは原因を探りながら軽減を目指します。身体の動かし方の工夫をしたり、痛みやしびれをコントロールする方法を考えていきます。

職場復帰したいけど…

復職に必要な身体の動き(歩くこと・電車やバスに乗ることなど)や作業の方法(仕事に必要な集中力など)を作業療法士・言語聴覚士とアプローチしていきます。

以下のようなお悩みにうぃずの作業療法士がマンツーマンでサポートします

手や肩が麻痺のため思うように動かない

麻痺の状態と自分で動かせる範囲の確認を一緒に行います。自分で動かせる範囲が少しでもあれば、動かせる範囲を拡大するためにセラピストがアシストしながら、その方にあった運動を繰り返し行います。

家の中を安全に歩けるようになりたい

理学療法士と家の中の環境を考えて、一緒に室内での歩行能力やバランス能力を調べ、その方に合ったプログラムを提案します。

一人でトイレに行きたい

トイレに一人で行けない原因が環境にあるのか、筋力の低下にあるのか、バランス能力の低下にあるのかなどを考えて、トイレ内の移動、トイレでのズボンの上げ下げ、臀部・陰部の清拭の3つについてその方にあったプログラムを提案します。

一人で電車やバスに乗りたい

理学療法士と一緒に屋外での歩行能力とその問題点、そして手の握力や肩の筋力を調べます。筋力やバランス能力の低下があれば、集中的に低下している筋肉やバランス能力にアプローチを行います。

買い物に行けるようになりたい

理学療法士と一緒に屋外での歩行能力とその問題点、そしてその環境での問題点を考えます。筋力やバランス能力の低下があれば、集中的に低下している筋肉やバランス能力にアプローチします。注意機能の低下によるものであれば、言語聴覚士と一緒に注意機能向上訓練を行い、安全に歩行ができるようにアプローチを行います。

以下のようなお悩みにうぃずの言語聴覚士がマンツーマンでサポートします

大きい声が出しにくい

呼吸、発声、口腔器官、姿勢の状態を確認します。 理学療法士も交え、姿勢の調整、口腔器官の動かし方等にアプローチしていきます。

ろれつがうまく回らない

呼吸、発声、口腔器官、発音、姿勢の状態を確認します。発声、口腔器官の動かし方や、話すときの工夫の仕方などについてアプローチしていきます。

言葉がうまく思い出せない

どのような言葉が思い出しやすく、どのような言葉が思い出しにくいかを確認します。課題や実践を通して、思い出しにくいものが、うまく言葉となるよう、スモールステップでリハビリを進めていきます。言いたいことをうまく伝える方法を一緒に考え、試し、実際に行えることも目指します。

相手の言っていることがピンとは理解しにくい

まずは理解しやすいこと、理解しにくいことについてそれぞれ確認します。その後 課題などにより、聞いて理解する力の向上を目指します。実生活での向上も目指し、聞き方の工夫についてもアドバイスさせていただきます。

食べ物が食べにくい・飲み物が飲み込みにくい

姿勢、発声、口腔器官などの状態を確認します。姿勢の調整、口腔器官の動かし方といったことからアプローチしていき、飲むこと、食べることが安全に、楽にできることを目指します。

”目指すのは改善”

脳卒中・整形疾患の後遺症について
どのくらいの期間で どの程度改善可能か
無料カウンセリングでお伝えします!

まずは「特別体験プラン」をおススメします!

特別体験プラン詳細

  1. 専用のカウンセリングシートにそってお悩みをお伺いします。
  2. ご希望に合わせた検査・評価を実施。
  3. 2の結果とエビデンス・経験豊富なセラピストの技術力より導き出した最も最適なリハビリプログラムを実施。
  4. リハビリ前後の動画をお見せし、改善状況や今後のリハビリにけるポイント、プログラム内容、推定期間をご説明。
特別体験プラン
お申込みはこちらから ▶click

改善・回復してどんな生活を送りますか?

改善したら、どんな未来を描きますか?
うぃず はリハビリに真剣に取り組む皆様の”素敵な人生”を応援します!

 社会とのつながりを継続したい!

  • 職場復帰したい
  • 友人とおしゃべりをしたい
  • 電車・バスで出かけたい
  • 旅行をして美味しいものを食べたい

日常生活をよくしたい!

  • 家族のために料理をつくりたい
  • 転ばずに歩きたい
  • 趣味を楽しみたい
  • メールや手紙のやりとりをしたい

後遺症を改善したい!

  • 自宅でできるリハビリ方法が知りたい
  • お箸を使ってご飯を食べたい
  • 杖なしで歩けるようになりたい
  • 思っていることを言葉で表現したい

元気に過ごしたい!

  • ぐっすりと眠りたい
  • おいしくごはんを食べたい
  • 楽しく暮らしたい
  • 体力の低下を予防したい

私が皆様をサポートします!

後遺症で苦しむ皆さんの未来を叶えたくて、
思いあふれる理学療法士、言語聴覚士、作業療法士たちが集まりました。あなたの悩みを一緒に解決させてください!

認定理学療法士 市川(いちかわ)

今よりもっと素敵な人生が送れるように、根拠となる情報に基づいて、ご利用者様の意向を大切にリハビリを致します。私たちと一緒に目標に向かって頑張りましょう。

[経歴]

回復期9年、デイケア3年の計12年の経験を持つ。
回復期では病棟管理者として、患者さんへのリハビリテーションはもちろん、臨床研究部門の立ち上げから関わり、部門責任者として学会発表等も積極的に 行ってきた。

作業療法士 池田(いけだ)

健康維持・回復は、素敵な人生を送るためにはとても大切です。うぃずのリハビリでこころと身体の回復と一つ上の健康を目指して、一緒に頑張りましょう!

[経歴]

回復期病院で4年間、介護老人保健施設で2年間
セラピストとして活躍

言語聴覚士 谷口(たにぐち)

ご利用者様が楽しく過ごせますよう、一緒に取り組んでまいります。

[経歴]

医療、介護の現場で20年以上、言語リハビリを経験。
現在も大学院に在学し、日々研究を重ねています。

まずは体験してみてください!

体験コース120分

評価・カウンセリング(ここまで無料)リハビリ体験 フィードバック 5,000円

体験申込み

ここが違う!リハビリステーションうぃずが選ばれる理由!

安心して前向きにリハビリができるよう、他にはない 1対複数のセラピスト配置で日々のリハビリから生活時のご相談まで トータルサポート!

目標に合わせて経験豊富なセラピストが対応。

「量・質」が確かなうぃずなら、確実に改善が実感できます!

病院入院中は、リハビリを集中的に行います。
退院も継続してリハビリしたい!でもじっくりと時間をかけて
行える場所がない!とお悩みの方は量も質も確保できるうぃずの自費リハビリをお勧めします。

お一人様につき、国家資格をもった経験豊かなセラピストがチームを組んで対応。
1回あたり最長120分、ご利用者様が本当にかなえたい目標にむけて、充実したリハビリサービスを提供いたします。

うぃずのリハビリはまずは評価から。オンリーワンの個別リハビリプログラムを作成

ご利用者様が本当にかなえたい目標を達成するため、最短・最適なリハビリプログラムを作成

うぃずでは、ご利用者様の状態を適切に評価することを第一に考えます。
目標に合わせた評価を選択し、現状の問題点を抽出、目標に対する“現在地”を示します。

評価結果は現状や進捗状況を見える化するため、得点推移を折れ線グラフに表し、目標値も付け加えた結果用紙をご用意致します。

ご利用者様とセラピストの間で、現状の課題を共有し目標達成までのプロセスを明確に示すことで、ご利用者様を含めたチーム全員が目標を共有しリハビリを進めることができます。
目標を細かく設定しながら、ご利用者様の心身状態や症状、達成度に応じて、改善に向けて根拠のあるリハビリを行います。

ご自宅からの通所の不安を解消!「通える」サポート

3回を上限に、ご自宅からセラピストと一緒に施設へ行くことで不安の軽減を図る“通所開始サポートサービス”

うぃずでは、原則送迎は致しません。
なぜなら、自分の意思で自分の持つ力で、改善したいという強い思いを持って施設まで来て頂くことも、リハビリと考えているからです。
これまで外出できなかった方が、電車やバスを利用し通おうという意識を持つことが大切だと考えているからです。

しかし退院した後、外出する意欲はあっても、なかなか不安から解放されず、家にこもってしまう日が続くと、最初の一歩を踏み出すのには、とても勇気がいることです。その勇気を後押ししたいという思いから、うぃずでは最大3回まで(単回の利用もOK)、セラピストがご自宅まで訪問し、一緒に施設へ行くことができます。その際、通所方法の工夫や通所手段の検討などを行います。
初回に限らず、うぃずのリハビリを利用期間中、雨の日や夏の暑い日など通所に心配がある時にもご利用して頂くことが可能です。

独自の課題表で自主トレーニングを徹底サポート

ご利用者様に必要なトレーニングを選別、メール・チャットなどを利用し随時ご相談にも承ります

どれだけ技術力の高いセラピストのリハビリをうけたとしても、実施する量が少なかったり、ご自宅での自主トレーニングが全く行われなかったりすると、最大の成果は見込めません。日常生活機能の改善、社会復帰などの目標を達成できるように、ぜひご自宅でもトレーニングを実施して頂きたいと考えています。(介護保険のリハビリを併用することもお勧めします。)

うぃずでは、その日のリハビリの様子や改善状況を踏まえながら、最適なレーニングをセラピストが説明し毎回自主トレーニング表をお持ち帰り頂きます。

さらに、お電話やメール・チャットなど、ご家庭の環境に応じて、当施設の営業時間内であれば、セラピストが随時ご相談をお受けいたします。
必要に応じ、ご家族様への介助指導や、自主トレーニング実施時のお悩みやご家庭での生活に関するご相談も承ります。

リハビリの効果をより高める電気刺激装置(NM-F1)の導入

対象となる方
脳卒中後遺症や整形外科疾患の方など
使用目的
マヒした手足の動きを電気刺激でサポートし改善を目指す
科学的な裏付け
通常のリハビリと電気刺激療法を組み合わせることにより、相乗効果が見込めるとの報告あり (ホン;2018)

リハビリ先進国ノルウェーで生まれたレッドコードの導入

対象となる方
脳卒中後遺症や整形外科疾患の方など
使用目的
筋肉のリラックス、筋力増強トレーニング など

インターリハ株式会社 ホームページより引用

VOICEお客様の声 ご紹介

うぃずのリハビリで目標を達成した方 多数出ています!!

脳梗塞/脳出血/脳挫傷リハビリの成果について、リアルなお声を紹介しています。

60歳代前半、男性、会社員の方

症状:脳梗塞後癲癇発作を起こし、脳腫瘍のオペ後左手の痺れが強くなった
指から肩関節にかけての痺れや痛みは軽減し、違和感あるものの肩関節の屈曲・外転・外旋や伸展・内転・内旋などの複合運動が可能となる。

詳細を見る
40歳代後半、女性、会社員の方

脳出血左片麻痺あり。上肢のリハビリは思うようにできていない。
左肩や左肘の筋出力が向上し、左上肢はⅢ~Ⅳと改善。
ワイピングでは左肩関節や肘関節の分離した動き(前後に曲げたり伸ばしたり)が可能となり、動作がスムーズになる。

詳細を見る
70歳代前半、女性、OLの方

症状:脳梗塞を2016年ごろ発症。体幹に失調があり易疲労性で血圧の変動もあり。
現在、肩の痛みは軽減し落ち着かれる。
筋力は上肢・下肢ともにMMT4レベルにまで改善。

詳細を見る

ABOUT CEREBRAL INFARCTION

脳梗塞について知っておきたいこと ~脳梗塞の基礎知識~

ブログ

コラムについて

これからお役に立つ情報を掲載してまいります。

脳梗塞リハビリについてお気軽にご相談ください0120-181-878

脳梗塞リハビリについてお気軽にご相談ください0120-181-878